• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

Interview

特集

記事数 56件 (1/6)

2018年10月9日

21

プレミアグループ株式会社 代表取締役社長 柴田洋一 インタビュー サムネイル

ファイナンスと自動車販売・整備を統合 M&Aでオートクレジットの周辺事業拡大へ | プレミアグループ株式会社 代表取締役社長 柴田洋一 イン・・・

プレミアグループ【7199】の本社を取材に訪問したのは、さる9月14日の午後4時だった。社長の柴田洋一氏は「グッドタイミングですね。いまから30分ほど前にM&A案件の成約を情報開示したばかりです」と切り出した。 このM&Aは、自動車整備業・・・

2018年1月29日

10

ベンチャー企業のゴールは上場やIPOだけではない | 早稲田M&Aパートナーズ株式会社 代表取締役 CEO 和家智也 インタビュー後編

日本でベンチャー企業のM&Aを当たり前にしたい 早稲田M&Aパートナーズが何を目指しているのか。和家氏は、企業としてのビジョンをこう語る。 「日本でベンチャー企業のM&Aを当たり前にしたいです。米国の多くのベンチャー起業家は、若くして会社を立ち上げ・・・

2018年1月22日

39

加速する大手企業のベンチャー買収 専門仲介会社を新たに設立 | 早稲田M&Aパートナーズ株式会社 代表取締役 CEO 和家 智也 インタビュ・・・

ベンチャー起業家の意識も変化。顧客の声をビジネスチャンスに 第二次安倍政権が掲げたアベノミクス「3本の矢」により、日本経済は活気を取り戻した。事実、株価、経済成長率、企業業績、雇用などの経済指標を見ると、改善ぶりが目立つ。これに伴い、ベンチャー企業にも多・・・

2017年12月25日

23

ラックランド 望月圭一郎 keiichiro_mochizuki_luckland

国内基盤をより強固にしながら、海外でも戦える企業でありたい | 株式会社ラックランド 代表取締役社長 望月圭一郎 インタビュー後編

M&Aが企業体の在り方に大きな変革をもたらす ラックランドは、近年M&A戦略を本格化させている。2013年にニイクラ電工、2014年に光電機産業を。2015年にマッハ機器、2016年にエースセンター、木戸設備工業を。そして、2017年には協和電設、静清装・・・

2017年12月18日

35

望月圭一郎 ラックランド keiichiro_mochizuki_luckland

『様々な人々の期待に応える』という経営理念の実現を目指す | 株式会社ラックランド 代表取締役社長 望月圭一郎 インタビュー前編

M&A戦略による内製化を通じて業容を拡大 商空間の企画制作集団として成長を続けるラックランド。設備・内装・建築・厨房・冷凍設備など多様な分野のプロフェッショナルが結集し、クライアント企業のビジネスを支援している。そのフィールドは、実に幅広い。店舗施設、商・・・

2017年12月4日

12

譲渡後も運営以外に関わる。新たなM&Aのスタイルを確立 Strategic View~成功の秘訣に迫る~ スパイスワークス、KSG 社長対談・・・

「肉寿司」事業を運営のプロに委ねる 眞藤 僕からすると、スパイスワークス社は異次元にある会社です。一般的な物差しでは絶対失敗するだろうと思えることが、全部上手く行っていますよね。ただ、スパイスワークス社のお店は好きなので良く訪れています。お客様を楽しませ・・・

2017年12月4日

13

買収した企業の再生を実現させる秘訣 Strategic View~成功の秘訣に迫る~ ガーデン、KSG 社長対談 | Strategic V・・・

「東京チカラめし」再生の計算式 眞藤 ガーデンの國松社長には、いくつかM&Aの案件の仲介をさせていただいてきました。そのなかでいつも驚かされるのは、買収金額を含めた意思決定までのスピードがとてつもなく速いことです。今年7月の「肉寿司」の買収の仲介に当たら・・・

2017年7月27日

3

中小企業に特化したコンサル、M&Aでも実績 和歌山に続いて、四国や東京への進出も視野に | 株式会社ジャストコンサルティング 前田節代表

中小企業に特化した経営コンサルティング企業として、関西圏で高い評価を得ているのが、大阪のジャストコンサルティングだ。中小企業診断士が4名、金融機関で中小企業を担当してきた実務経験者も4名在籍しており、また、中小企業庁から「経営革新等認定支援機関」に認定され・・・

2017年7月19日

6

射幸心の刺激から原点回帰へ “安心して遊べる店舗”への転換 | 株式会社ティーベル 笠原康夫代表 インタビュー後編

ファンド活用やM&Aによってホール運営企業を再生させる パチンコホール運営企業は、慰問や瓦礫処理などで東日本大震災や熊本地震の復興支援に継続的に取り組んでいるが、ほとんど報道されない。報道されるのは射幸心を煽るという負の側面である。笠原氏はこう主張する。・・・

2017年7月18日

10

パチンコホールを再生する視点は 医療・介護を付加した“地域ケア拠点” | 株式会社ティーベル 笠原康夫代表 インタビュー前編

パチンコ店での遊技にビットコイン等(暗号化通貨)活用の可能性について まだ着想段階で具体的なスキーム策定には至っていないが、ビットコイン等(暗号化通貨)のパチンコホールでの活用の可能性について勉強会が進められている。推進役は遊技機器業界で45年近い実績を・・・