• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

Interview

特集|PAGE-3

記事数 56件 (3/6)

2016年5月31日

7

黒字定着は再生のスタートライン「企業再生」最前線 | KSG、ビジョンメガネ 社長対談 後編

「私がビジョンメガネの企業再生にあたってテーマにしたこと。それが『変えない』ということでした。100点満点の会社など、どこにも存在しません。何かマイナス点のところがあったとしても、致命的でなければ許容したほうがいいのです。『角を矯めて牛を殺す』という格言も・・・

2016年5月24日

5

ビジョンメガネ〜再生の鍵を握る社会的な存在意義「企業再生」最前線 | KSG、ビジョンメガネ 社長対談 前編

「GoodEyeCommunicationビジョンメガネ」──。これは昭和40~50年代生まれの関西人で、知らない人はいないといわれるテレビCMのフレーズだ。その広告主が東京の大田とならぶモノづくりの街として有名な東大阪で1976年に創業したビジョンメガネ・・・

2016年4月7日

5

「買収資金があるから良い案件なら何でも」、戦略なき買い手の依頼は断わる | 株式会社ビザイン 早嶋聡史社長 インタビュー後編

子供が高学歴で活躍していると後継者になってもらえない現実現状では売却の相談に対して、成約の可能性を見出して交渉に入るのは5割程度である。あとの5割のうち、4割は都内の関連会社に委託して事業再生に入り、もう1割は再生の可能性がないと判断して、弁護士に・・・

2016年3月31日

7

売り手の多くは譲渡価格5億以下、完全成功報酬で小規模案件に特化 | 株式会社ビザイン 早嶋聡史社長 インタビュー前編

福岡県の経済事情に精通し売り手に張り付いてフォローM&Aアドバイザリー会社の経営陣には公認会計士や金融機関出身者、コンサルティング会社出身者などが多いが、ビザインはやや毛色が異なる。社長の早嶋聡史氏は横河電機株で研究開発、海外マーケティング・・・

2016年3月17日

4

上場創業者は会談1時間で合意の握手 買収側に必要なのは夢の提示と熱意 | かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社 佐武 伸社長 インタ・・・

売却側の強みを見つけ出し、事業計画を策定する同社の取扱案件のうち、売却目的で増えているのは、海外展開に向けた経営資源の確保である。国内市場では限界があるため海外に展開したいが、単独では難しく、自分の夢をかなえてくれる有力企業の傘下で長年の目標を実現した・・・

2016年3月10日

7

"成約ありき"主義を排除して、 経営課題を解決するM&Aに徹する | かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社 佐武 伸社長 インタビュ・・・

着手金・月額報酬・中間報酬を請求しない完全成功報酬体系かえでファイナンシャルアドバイザリーが取り組むM&Aアドバイザリー業務は、中堅中小のオーナー企業の売却に特化している。IPOをめざしていたアパレル通販会社の社長が自分の経営能力に限界を感じて・・・

2016年2月25日

7

社長が拒否権を行使できる持株比率 ファンド主導の経営判断を回避する | 株式会社ワールドツール 中島勉社長 インタビュー後編

経験と勘にロジックを注入して“意図した成長”へ――店舗数は約140店ですね。何が多店舗化の推進力になりましたか。中島 当社の商品は専門性の高い商品なので、店舗立地は一等地である必要がありません。店舗の多くが撤退した店舗の居抜き物件なので、初・・・

2016年2月18日

6

単なる投資でなく、ともに成長する 事業パートナーとして“身内化”へ | 株式会社ワールドツール 中島勉社長 インタビュー前編

自動車整備用工具を中心に一般産業用工具、LED関連商品、アウトドアグッズなどを扱う「アストロプロダクツ」を全国に約140店舗を直営展開するワールドツール(埼玉県深谷市)。2015年5月、CLSAキャピタルパートナーズ(アジア有数の証券・投資銀行部門・・・

2016年2月5日

2

従業員や地元社会の強力なくしてあり得ないスキー場の再生 | 日本スキー場開発株式会社 氏家太郎会長 インタビュー後編

取得後の従業員のリストラはゼロスキー場にせよ、どのような事業の再生にあたっても、人員の解雇を含めたリストラクチャリングが必要不可欠と思われる。しかし、氏家会長は「取得したスキー場の従業員の雇用は必ず守ります。雇用条件も一定期間は引継ぎます。その後従業員・・・

2016年1月28日

7

なぜ駐車場会社が スキーリゾート会社をつくったのか? | 日本スキー場開発株式会社 氏家太郎会長 インタビュー前編

注目されるスキー場〝再生請負人〟40代、50代の人なら、若い頃に一度はスキーを楽しんだ人が多いはず。1987年に公開された映画「私をスキーに連れてって」はスキーブームをブレイクさせるきっかけとなり、リフトの待ち時間が1時間ということもざらだった。しかし・・・