• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

栗田工業、約92億円で水処理薬品メーカーの米Avista Technologiesなどを買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

栗田工業【6370】は、水処理薬品の製造・販売会社であるAvista Technologies, Inc.(以下A-US)およびAvista Technologies (UK) Ltd.(以下A-UK)の発行済株式の全てを、栗田工業の子会社であるKurita America Holdings Inc.およびKurita Europe GmbHを通じて取得することを発表した。
取得総額は、約92億円。

A-USは、水処理装置の構成機器の一つであるRO膜(逆浸透膜)に適用する水処理薬品である「RO薬品」に特化し、多品種のRO薬品の製造・販売を行うほか、RO膜洗浄などのサービスを展開し、米国を中心に、鉱山、化学、石油、海上油田、食品、飲料、自治体などの幅広い産業分野に多くの顧客を有している。

A-UKは、A-USからのライセンス提供によりEMEA(欧州・中東・アフリカ)において同様の事業を展開している。

栗田工業グループでは今後、グローバルにRO薬品の拡販を推進するとともに、お互いが保有する技術・ノウハウを共有し、RO膜に関連するサービスの強化を図っていくため、今回の買収に至った。

Avista Technologies, Inc.の概要
社名 Avista Technologies, Inc.
設立 1999年5月
本社所在地 米国カリフォルニア州
資本金 3,719USドル
事業内容 RO薬品の製造・販売、およびRO膜関連サービスの提供

Avista Technologies (UK) Ltd.の概要
社名 Avista Technologies (UK) Ltd.
設立 2001年3月
本社所在地 英国
資本金 65ポンド
事業内容 RO薬品の製造・販売、およびRO膜関連サービスの提供