• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

セーレン、半導体・光デバイス向けシリコンウエハーの成膜加工事業のKSTワールドを買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

セーレン【3569】は、半導体・光デバイス向けシリコンウエハーの成膜加工事業を展開しているケイ・エス・ティ・ワールド(以下KSTワールド)の株式を過半数(約55%)取得したことを発表した。

セーレングループは、長年培った繊維技術と、独自開発した非繊維技術を成長の遺伝子とし、原糸から製品までの一貫生産機能による差別化で、車輌資材、ハイファッション、エレクトロニクス、環境・生活資材、メディカルの多岐にわたる事業分野で成長を続けている。

KSTワールドは、半導体および光デバイス向けに、シリコンウェーハの成膜加工サービス事業を展開している。

セーレンは、グループとKSTワールドの独自技術シーズの融合により、未来に向けた新たな事業領域の創出に取り組んでいくため、今回の買収に至った。

【ケイ・エス・ティ・ワールド株式会社 概要】
設立:1998年5月
資本金:8億円
代表者:代表取締役社長 川﨑正寛
従業員数:43名
事業内容:シリコンウェーハの成膜加工、SOIウェーハ製造販売、各種基板販売
本社:福井県福井市下六条町第13号23番地