• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

マクセルHDと日本政策投資銀行、約182億円で東京海上キャピタル等投資先の泉精器製作所を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

マクセルHD【6810】は、日本政策投資銀行(以下「DBJ」)と共同で、泉精器製作所(以下「泉精器」)のすべての株式を取得し、子会社化すると発表した。
取得価額は、約182億円。

マクセルHDは、平成30年4月に公表した中期経営計画「MG20 (Maxell Growth 20)」において、共創共栄をめざす企業グループとの成長スキームである「MBP (マクセルビジネスプラットフォーム)」の推進により、「自動車」「住生活・インフラ」「健康・理美容」の成長3分野市場における事業領域の拡大と新規事業の創出を図って行くことを成長戦略の柱として掲げている。

泉精器は、電気工事に使用される国内トップシェアの電設工具、理美容機器や調理家電といった家電製品の製造・販売において長年の事業経験を有している。

マクセルHDは、電設工具事業との連携を推進し、住生活・インフラ市場における事業領域の拡大と、新たな高シェア・高収益事業の創出、また、低コストの生産体制を構築し、健康・理美容市場における事業規模の拡大と収益力の向上を図るため、今回の買収に至った

異動する子会社(泉精器)の概要
(1) 名称 株式会社 泉精器製作所
(2) 所在地 長野県松本市大字笹賀3039番地
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 志摩 壽一郎
(4) 事業内容 家庭用電気機器、電設工具の製造・販売
(5) 資本金 30億8000万円
(6) 設立年月日 平成28年1月6日

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy