• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

太平電業、火力発電所メンテナンス等の日本機械製作所を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

太平電業【1968】は、火力発電所のメンテナンスなどを行う日本機械製作所の株式を取得し、子会社化したと発表した。
取得価額は非開示。

太平電業は、高い技術力と独自の技術、工法、開発品(特許品)で、国内外の火力・原子力発電所をはじめ、各種プラント・環境設備等の建設、メンテナンスから解体・廃止までのプラントライフサイクルを一貫サポートする総合プラント建設会社である。

日本機械製作所は、中部地区を中心にして主に火力発電所のメンテナンス、機械据付工事等で多くの実績を残している建設会社である。

太平電業は、グループにおける施工体制の強化を図ることで更なる収益力の向上と収益基盤の確保に努めるため、今回の買収に至った。

異動する子会社(株式会社日本機械製作所)の概要
(1)名称 株式会社日本機械製作所
(2)所在地 愛知県名古屋市港区東蟹田2040番地
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 自見 厚則
(4)事業内容 火力発電所メンテナンス、機械据付工事他
(5)資本金 5,000万円
(6)設立年月 1947年10月

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy