• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

6

UCCフードサービスシステムズの珈琲館事業継承会社をロングリーチグループが買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

独立系投資会社であるロングリーチグループは、UCCフードサービスシステムズ(以下、UFS)との間で、UFS が保有する珈琲館事業の譲受について合意したと発表した。

珈琲館は、「一杯のコーヒーに心をこめて」というスローガンの下、「ゆっくりとくつろぎながら本物の珈琲が楽しめるコーヒーショップ」として、1970年の創業以来、喫茶店業界を牽引してきた。「珈琲館」、「カフェ・ディ・エスプレッソ珈琲館」、「珈楽庵」、「珈蔵」のブランドにて、全国での総店舗数は277店舗をかぞえ、フルサービス業態では国内第2位の規模となっている。

ロングリーチグループは、日本における戦略的プライベート・エクイティ投資を目的とした事業支援投資会社で、対象分野としては、日本におけるコンシューマー関連、産業テクノロジー、ビジネスサービス、金融サービスの各分野が中心となっている。これまでウェンディーズ・ジャパン/ファーストキッチン等の外食事業、及び大企業カーブアウト案件に対する投資実績、成功事例を有している。

ロングリーチグループは、あらゆる面から最大限の支援を行うことにより、珈琲館事業の強みや特徴を活かしながら、独立した企業としての珈琲館事業の成長を加速する為、今回の譲受に至った。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy