• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

三菱ガス化学、韓国のアクティブ光ケーブル開発ベンチャーに出資

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

化学製品メーカーの三菱ガス化学【4182】は、アクティブ光ケーブル(Active Optical Cables)市場への展開に向け、アクティブ光ケーブルの開発販売を行う韓国のベンチャー企業、Optomind Inc.に出資を行い、アクティブ光ケーブルの販売権を獲得したと発表した。

アクティブ光ケーブルは、両端に光電変換コネクタを持つ光ケーブル。光信号の伝 送により、銅配線における電気信号の伝送では困難な、高速・大容量のデータ伝送が可能であるとともに、光電変換コネクタによって電気信号の伝送も可能なため、従来の銅線に置き換えてそのまま使用することができる。現在、データセンター用途や4K、8Kテレビのディスプレイ用途での利用が広まりつつあるが、将来的には医療分野やモビリティ分野、バーチャルリアリティ分野等へ応用され、さらに市場が拡大していくことが期待される。

Optomind は、光学軸の調整を容易にする独自の設計技術と、既存の光ケーブルと比較して低コストかつ高い生産性でアクティブ光ケーブルを製造する技術を有している。三菱ガス化学が持つ光学樹脂に代表されるポリマー技術、微細転写に代表される成形技術、積層基板製造技術等を応用することで、光信号伝送時のノイズ削減による性能の向上や、さらなるコスト削減が期待される。

■Optomindについて
社 名: Optomind Inc.
代表者: Bong-Cheol Kim
事業内容: アクティブ光ケーブルの研究、開発、製造および販売
設 立: 2011年2月
所在地: 16 Deogyeong-daero 1556, Suite A-608, Yeongtong-gu, Suwon, Korea

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy