• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

サカタのタネ、ヨルダンのキュウリ育種会社を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

種苗大手のサカタのタネ【1377】は、グローバル戦略の一環として、サカタのタネの欧州地域の統括子会社European Sakata Holding S.A.S(ESH)を通じて、ヨルダンのキュウリ育種会社「Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.」(McAVET社、以下、マカベット社)を買収したと発表した。
取得価格は、非開示。

マカベット社は、キュウリを専門とする育種会社で、育種と生産、種子の販売を行っている。サカタのタネは、世界的な市場があるキュウリをグローバル戦略品目の1つとして位置付けている。キュウリの研究開発を加速させるとともに、サカタのタネの海外拠点との連携を深めることにより、グローバル体制の強化を図っていく。

■マカベット社の概要
名称  Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.
所在地  Al-baqee street, Building Nr 32, Dahiyet Al-Rasheed, AMMAN , JORDAN
代表者の役職・氏名  Mustafa Khalid Ibrahim Jarrar 社長
事業内容  キュウリの研究開発、種子の生産および販売
資本金  30,000 JD(Jordanian Dinar)(約5百万円)
(2017年9月末レート 1JD=158.38円)
設立年月日  2002年4月9日
2016年売上高  830,010 JD (約131百万円)