• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

5

北海道中央バス、冷暖房機器卸し等のダイヤ冷暖工業を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

道央を基盤とする北海道最大のバス会社である北海道中央バス【9085】は、冷暖房機器卸し等のダイヤ冷暖工業の株式を取得し、同社を子会社化すると発表した。

北海道中央バスグループは、地域社会に貢献する企業集団として、さらなる発展を目指して、グループの総合力と挑戦心・スピード感を持って経営にあたっており、現在、グループの経営資源(ヒト、モノ、カ ネ、情報)を最大限に活用した、事業の多角化を推進しているところであり、今回のダイヤ冷暖工業の株式取得(子会社化)は、その一環として北海道中央バスの建設グループ事業の一層の強化を図ることを目的として行うもの。

ダイヤ冷暖工業は、昭和29年2月の創業以来64年を迎え、冷暖房機器や各種空調製品の卸売、取付工事、アフターメンテナンスを一貫した体制で、三菱重工冷熱の北海道地区総代理店として、高い技術力と提案力をもって、営業を続けてきている。今後、北海道中央バスグループの建設業、清掃・警備業、その他の事業とのシナジー(相乗効果)を発揮し、収益拡大を目指す方針。