• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

6

富士フイルム、米ワクチン製造会社買収 バイオ医薬品事業の拡大へ

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

富士フイルム(株)は、富士フイルムの子会社でバイオ医薬品や受託製造会社(CMO)であるFUJIFILM Diosynth Biotechnologies USA., Inc.(以下「FDBU社」)を通じて、バイオ医薬品CMOでワクチン製造に強みを持つ、米国Kalon Biotherapeutics, LLC(以下「ケイロン社」)を買収すると発表した。これにより、ワクチンCMO市場に参入し、バイオ医薬品事業をさらに拡大する方針。

FDBUは、10月22日、ケイロン社の持分所有者であるテキサスA&M大学と、ケイロン社の持分譲渡に関する契約を締結し、今後、数か月以内に決済手続きを行い、ケイロン社の全持分の49%を取得。また、ケイロン社の取締役の過半数を富士フイルムグループから任命させ、今後FDBUは、本契約に規定により、持分比率を100%まで引き上げる考えだ。

ケイロン社は、ワクチンを動物細胞培養法で製造することに強みを持っており、ワクチン製造に必要なウイルスを製造工程内にとどめる世界トップレベルの高度な封じ込め技術(小型で可動式のモバイルクリーンルーム)を保有しており、新型インフルエンザウイルスや炭疽菌、昨今世の中を騒がせているエボラウイルスなどに対するワクチンを安全かつ安定的に製造している。また富士フイルムは、エボラ出血熱の治療にも使われているインフルエンザ薬や抗がん剤を手掛けるなど医薬品事業に注力している。富士フイルムは、テキサス州行政庁およびテキサスA&M大学のサポートを得ながら、ワクチン分野への取り組みを強化させたいとしている。
現在、バイオ医薬品は、副作用が非常に少なく、高い効能が期待できることから、その医薬品市場に占める割合は今後も拡大すると予想されており、同時にバイオ医薬品CMO市場は、年率約7%の成長が見込まれている。なかでも従来の感染症予防に加え、がんの予防・治療にも対応できるワクチンのCMO市場は、年率10%以上と高い成長が見込まれるという。

富士フイルムは、平成23年にバイオ医薬品の受託製造会社2社を買収したことやバイオ医薬品を含む医薬品ビジネスで長年の経験を持つ三菱商事と業務提携をするなど、FDBUおよびFDBKの事業体制を強化している。そして今回のケイロン社の買収により、富士フィルムは、長年培った生産技術や品質管理技術などを活用し、各社のそれぞれの強みを組み合わせて、多様なワクチン製造ニーズに対応できる体制作りとバイオ医薬品事業のさらなる拡大を図る。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy