• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

ロックオン、エム・データ社と業務提携 マーケティング分析を実現

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

(株)ロックオンは、(株)エム・データと業務連携することを発表した。
今回の連携の第一弾として、自社CMだけではなく、全てのテレビ放映実績データを含めた分析レポートの提供を開始させる。

ロックオンは、広告主が管理しているマーケティング施策の他に、マーケティングの把握が大きな影響力を持つとし、中でもテレビ業界では、競合他社のCMを見た人が同機能の自社製品を購入したり、自社製品について特集されたニュース番組を見た人が製品を購入するといった自社のデータだけではその流れを把握することが非常に難しいとした上で、今回、従来マス広告とインターネット広告とのクロス分析サービス「エビスファイブ」に、エム・データの提供するテレビ番組とテレビCMの放送実績データ「TVメタデータ」を紐付けることにより、自社で把握しきれていないテレビ放映状況も統合したマーケティング分析が実現できるという。
「TVメタデータ」は、東京・名古屋・大阪地区のテレビ局で放送されたテレビ番組やテレビCMの内容を、独自に要約し、「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「何秒間」放送されたかを、テキスト化・データベース化して、24時間365日「TVメタデータ」を構築できるとしている。

今後、インターネット・テレビ・新聞・雑誌・ラジオ媒体のマーケティング施策を包括的に分析するクロスチャネル分析サービス「エビスファイブ」により、自社で保有するデータだけでは想定できていなかった、テレビ全体からの影響をより正確に把握する事ができ、それに基づき広告の予算配分や配信タイミングの判断が可能になるとしている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy