• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

10

ソフトバンク、デジタル広告のジーニーに32.9%出資

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

アドテクノロジー提供する株式会社ジーニーとソフトバンクモバイル株式会社は、業務提携契約を締結したことを発表した。ソフトバンクモバイルは、ジーニーの協力の下2014年11月より媒体社の収益最大化のための広告プラットフォーム事業を開始し、ソフトバンクグループのインターネット広告事業を強化する。業務提携契約に伴いソフトバンクは、ジーニーに対し32.9%出資する。

ジーニーは、2010年の創業以来、アドテクノロジーを活用した日本最大級のSSP事業者で、同社は、ユーザー属性データや広告主の出稿条件データなどを元に広告枠を自動的に買い付けできるシステムプログラマティックバイイングを推進し「RTB市場」という新たな国内市場を創出してきました。

この提携により、ジーニーは、ソフトバンクモバイルへSSPの提供を行い、一方、ソフトバンクモバイルはこのSSPを活用することで、グループ内のインターネット広告事業の収益最大化を目指す。広告主は、ソフトバンクモバイルを始めとするグループ企業が持つさまざまなネットサービス上の広告媒体に対して、RTBによる広告枠の買い付けをすることが可能になり、これまで以上に、ユーザー属性に合わせリアルタイムかつ効率的にインターネット広告を配信できるようになる。

現在の株主は、経営陣を始めとして、ソフトバンク株式会社・グリーベンチャーズ株式会社・グローバル・ブレイン株式会社・YJキャピタル株式会社・株式会社オプト・トランスコスモス株式会社 となっている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy