• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

日本郵便、海外企業と資本・業務提携 国際宅配便サービスを開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

日本郵政グループの日本郵便(株)は、フランス郵政公共企業体であるラ・ポストの子会社であるジオポストと、香港の物流企業であるレントングループとの間で、資本・業務提携をすると発表した。

日本郵政グループは、今回が初の海外企業への出資となる。
日本郵便は、ジオポストが出資提携しているレントングループからの第三者割当増資により14.9%の株を取得。

ジオポストは小包・エクスプレス事業でフランス第 1 位、欧州第 2 位のシェアを有する国際物流企業で、レントングループはキャセイパシフィック航空等の航空輸送ネットワークを活用し、グローバルな輸送・配送サービスを提供する国際物流企業である。両社は、アジア・欧州・オセアニア地域で49ヵ国との物流力を持っており、今回の資本・業務提携により、日本郵便は、今まで国際郵便や国際スピード郵便(EMS)サービスでは成し得なかった関税元払い等のサービスを実現化し、「海外向け国際宅配便サービス」を今年秋から提供としている。
今後も成長が見込めるアジア市場を中心に、海外を相手先とする通販事業などの商品物流の需要に対応すべく、国際宅配便サービスを強化させ利益向上を狙う。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy