• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

三井化学(4183)、米Corningから調光レンズ材料事業を譲り受け

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

三井化学(株)【4183】は20日、米ガラス大手コーニングから眼鏡用の調光レンズ材料事業を取得したと発表した。取得額は非公表。調光レンズは特殊な色素を使い、紫外線の強さによって色の濃淡が変わる。屋外ではサングラス、屋内では通常の眼鏡として使える。三井化学は眼鏡レンズ材料で世界シェア45%を持つ首位。コーニングの技術と販路を加えてレンズ材料事業の拡大を急ぐ。
三井化学が持つ様々な屈折率の眼鏡レンズ材料にコーニングの調光色素技術を組み合わせ、次世代の調光レンズ材料を開発する。日本や欧米のほかインドやブラジルなど新興国にも事業を広げる。
三井化学はこれまで主力だった汎用石油化学事業が苦戦気味。得意の樹脂合成や触媒技術を生かして、眼鏡レンズ材料、歯科材料などヘルスケア事業の拡大を急ぐ。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy