• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

大塚化学(4578)、東山フィルムを100億円で買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

大塚化学(株)【4578】は、名古屋市にあるスマートフォンや液晶画面などに使われる機能性フィルム製造大手の東山フイルム(株)を12月末に買収すると発表した。
買収額は、100億円超。大塚化学は、中国のファンド会社CITICキャピタル・パートナーズが保有する東山フィルムの発行済株式の96%を取得する。

東山フイルムグループは、日本や中国韓国に販売拠点を持ち、スマートフォンやタブレット端末に必要なタッチパネル用ハードコートフィルムを主力製品としている。
スマートフォン市場は、今後も高い需要が予想されるため、今回の買収により、大塚化学は自社で機能性フィルムの原料となる樹脂を手掛けていることから、製品の高品質化や高い付加価値を具体化させるとし、経営基盤の更なる強化を目指すとしている。
今回の買収完了後は、大塚化学は、東山フィルムの株式の一部を、東山フイルムグループの取引先に対して再譲渡する予定を立てている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy