• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

静岡銀行、PKSHA Technologyと資本業務提携

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

静岡銀行【8355】は、第13次中期経営計画「TSUNAGU~つなぐ」の基本戦略「事業領域の開拓・収益化による地方銀行の新たなビジネスモデルの構築」の一環として、PKSHA Technology【3993】と資本業務提携を締結したことを発表した。

静岡銀行では、第13次中期経営計画の基本戦略の一つとして「事業領域の開拓・収益化による地方銀行の新たなビジネスモデルの構築」を掲げ、異業種との提携を通じて、従来の枠組みや発想にとらわれない新たな収益基盤となるビジネスを創造し、持続可能なビジネスモデルの構築に取り組んでいる。

PKSHA Technologyは、自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用い、既存のソフトウェアや各種ハードウェア端末向けにソリューションを展開しており、また、自然言語処理技術を用いた自動応答エンジンや、画像/動画認識、予測モデルなど、多岐に渡り国内大手企業へアルゴリズムを提供している。

静岡銀行は、PKSHA Technologyの高度な技術を取り入れ、従来にはない発想と創意によって、より付加価値の高い新たな金融サービスの開発を目指すため、今回の資本業務提携に至った。

PKSHA Technologyの概要
設立 2012年10月16日
本社所在地 東京都文京区本郷二丁目35番10号 本郷瀬川ビル4階
事業内容 アルゴリズムのライセンス事業
資本金 25億4,829万円
代表 上野山 勝也