• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

協和エクシオ、北海道を中心に通信インフラ事業展開の北第百通信電気を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

協和エクシオ【1951】は、通信インフラ事業の強化の一環として、北海道を中心に通信インフラ事業を手掛ける北第百通信電気の発行済株式を取得することを発表した。

協和エクシオグループは、中期経営計画(2016~2020年度)において「グループ総力を結集し、トータルソリューションで新たな成長ステージへ」という中期ビジョンのもと、さまざまな施策を展開しており、その基本方針の1つに、「ソリューションビジネスの加速とストックビジネスの拡大」を掲げている。

北第百通信は、技術力と高い品質を背景に、北海道内で幅広い顧客基盤を有しており、協和エクシオとも長年の取引実績がある。

協和エクシオは、協和エクシオグループと北第百通信の両社拠点を活用することにより、新たな顧客への提案機会の創出が可能になり、両社の保有技術を活性化させ、北海道エリアでの事業規模を拡大し、ソリューションビジネスを加速していくため、今回の買収に至った。

株式取得先の概要
名称 北第百通信電気株式会社
所在地 北海道札幌市中央区南5条西22丁目2番12号
代表者の役職・氏名 代表取締役社長 渡辺 敏郎
事 業 内 容 電気通信工事業
資本金 2400万円
設立年月日 1964年4月23日