• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

三井松島HD、ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ投資先でシュレッダー大手の明光商会を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

三井松島HD【1518】は、シュレッダーを中心とする事務用設備の製造・販売を行っている明光商会の発行済株式のうち99.79%を取得し、明光商会を子会社化することを発表した。

三井松島HDグループは、長年にわたり石炭生産・石炭販売を中心としたエネルギー事業を展開してきたが、石炭の需要や価格、為替変動により大きく収益が左右されてきた。

明光商会は、国内シュレッダー業界の最大手として圧倒的なシェアを誇る業界のリーディングカンパニーで、盤石な顧客基盤、日本全国をカバーする直販体制及び保守網、優れた商品開発力という3つの競争優位性を有している。

三井松島HDは、M&Aにおいて重視している「ニッチ」「安定性」「わかりやすい」という投資軸に合致する企業であり、事業ポートフォリオの中の重要な柱の一社として、グループの企業価値向上に大いに貢献するものと考え、今回の買収に至った。

異動する子会社の概要
(1)名称 株式会社明光商会
(2)所在地 東京都中央区八丁堀四丁目6番1号
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 青木 正太
(4)事業内容 シュレッダーを中心とする事務用設備の製造・販売・保守
(5)資本金 1億円
(6)設立年月日 2004年9月7日