• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

日東紡、アメリカの体外診断薬製造販売会社を買収

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

日東紡【3110】は、日東紡の100%子会社であるNittobo America Inc.(以下、NTBA)が、米国市場におけるメディカル事業拡大のため、米国の体外診断薬製造販売会社Kamiya Biomedical Company,LLC(以下、Kamiya)を子会社化することを目的として、Kamiyaの持分100%を二段階で取得する売買契約を締結し、持分51%の取得を完了したことを発表した。

日東紡は、「長期ビジョン101」の実現に向けメディカル事業を第二の柱とすべく、中期経営計画「Go for Next100」の下、国内外のメディカル事業拡大に取り組んでいる。

NTBAは、日東紡が100%株式を保有する米国子会社で、1986年の設立以降。体外診断薬の原料となる抗血清の生産拠点として事業をしてきた。

Kamiyaは、1983年に米国で設立され、K-assayのブランドで体外診断薬の製造販売を行っている。

日東紡は、米国体外診断薬市場において、NTBAとKamiyaの持つブランドと販売ネットワークを融合させてシナジーを生み出し、メディカル海外事業の更なる拡大を図るため、今回の買収に至った。

NTBAの概要
名称:Nittobo America Inc.
所在地:米国 カリフォルニア州
事業内容:体外診断薬用の抗血清の製造販売
設立年:1986年

名称:Kamiya Biomedical Company,LLC
所在地:米国 ワシントン州
事業内容:体外診断薬の製造・販売
設立年:1983年

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy