• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

大正製薬HD、約1800億円で米BMS傘下の仏医薬品メーカーを買収

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

大正製薬HD【4581】は、連結子会社である大正製薬が、Bristol-Myers Squibb Company(以下「BMS」)が子会社を通して所有するフランスの医薬品製造販売会社であるUPSA SAS(以下「UPSA」)の発行済全株式及び関連する事業資産を取得し、UPSAを子会社化することを発表した。
取得総額は、約1800億円。

大正製薬グループは、セルフメディケーション事業における海外部門の強化を掲げており、これまで人口増加及び経済発展により市場の成長が見込まれるアジア地域を中心に事業展開を図ってきた。
OTC医薬品については、2009年にBMSからPT Bristol-Myers Squibb Indonesia Tbk及びアジア地域におけるOTC医薬品の商標権等のブランド資産を買収して以来、これを契機としてインドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、メキシコ等で事業を展開・強化している。

UPSAは、約80年間に及ぶ伝統と歴史によって築き上げられた解熱・鎮痛・消炎薬である Dafalgan 及び Efferalgan、総合感冒薬である Fervex 等のトップブランド製品を有している。

大正製薬HDは、製品開発力、ブランド育成力、及びマーケティングノウハウ等の両社のリソースを活かしたシナジーを追求することで、より持続的な成長の実現を目指していくため、今回の買収に至った。

大正製薬の概要
(1)名称 大正製薬株式会社
(2)所在地 東京都豊島区高田3丁目24番1号
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 上原 茂
(4)事業内容 一般用医薬品、食品、雑貨等の研究開発、製造、販売及び医療用医薬品の研究開発、製造、販売
(5)資本金 29,804,000万円

UPSA 社の概要
(1)名称 UPSA SAS
(2)所在地 3 rue Joseph Monier 92500, Rueil Malmaison, France
(3)代表者の役職・氏名 President:TEBOUL Philippe
(4)事業内容 OTC 医薬品及び医療用医薬品の開発及び製造販売
(5)資本金 852,102,814ユーロ
(6)設立年月日 1935年