• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

5

MBKパートナーズ、オリックス子会社のゴルフ事業承継会社を買収

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

オリックス【8591】は、100%出資子会社のオリックス・ゴルフ・マネジメント(以下「OGM」)をMBKパートナーズに譲渡するとともに、MBKパートナーズのゴルフ事業持株会社の株式持分約5%を取得することを発表した。

オリックスは、1986年にゴルフ事業を開始し、これまでに多数のゴルフ場を取得し事業再生を行うなど、30年以上にわたって運営ノウハウを蓄積してきた。現在ではOGMのもと、全国39カ所のゴルフ場と2カ所のゴルフ練習場を運営している。

MBKパートナーズは、日本をはじめとする東アジア地域を拠点に活動するプライベート・エクイティ・ファームで、日本においてもコンシューマー向け事業への成長投資を手掛けた豊富な実績があり、こうした成長投資の一環としてアコーディア・ゴルフを保有している。
アコーディア・ゴルフは、全国135カ所のゴルフ場と27カ所のゴルフ練習場を運営している。

MBKパートナーズは、OGMとアコーディア・ゴルフがぞれぞれの強みを生かして事業シナジーを発揮し、両社を合わせて国内最大のゴルフ場運営会社としてのスケールメリットを最大限活用し、ともに成長していくことが最良であると判断し今回の買収に至った。

事業譲渡の対象となる会社の概要
名称 オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社
所在地 東京都港区芝2-28-8 芝2丁目ビル
代表者 代表取締役社長 谷本 護
事業内容 ゴルフ場およびゴルフ練習場の運営・管理、太陽光発電事業
設立 2004年11月

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy