• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

22

学研HDと政投銀、約90億円で介護事業のメディカル・ケア・サービスを買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

学研HD【9470】は、日本政策投資銀行(以下「DBJ」)と共同で、メディカル・ケア・サービス(以下「MCS」)の発行済み株式のうち学研HDが61.8%を取得し、DBJが38.2%を取得すると発表した。
取得総額は、約90億2000万円。

学研HDグループでは「すべての人が心ゆたかに生きることを願い 今日の感動・満足・安心と 明日への夢・希望を提供します」というグループ理念の下「学研版地域包括ケアシステム」の実現を掲げ、多世代が支えあいながら地域の中で安心して暮らし続けられる社会づくりのため「サービス付き高齢者向け住宅事業」(以下「サ高住事業」)を展開している。

MCS は「高齢者がいつまでもいきいきと暮らせる社会を創りたい」「地域社会に貢献できることをしていきたい」という考えのもと、認知症介護を重要課題と位置付け、居室数日本一のグループホーム事業者へと成長を遂げてきた。

学研HDは、近しい顧客層をターゲットとしている両社にとっては「サ高住事業」と「認知症ケア」との関連性を高め、より高品質のサービス提供が可能となり、両社の力を統合し「学研版地域包括ケアシステム」の実現をさらに加速させていきたいと考え、今回の買収に至った。

異動する子会社(メディカル・ケア・サービス株式会社)の概要
(1)名称 メディカル・ケア・サービス株式会社
(2)所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町一丁目212番地3
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役会長 高橋 誠一
(4)事業内容 介護施設の企画・開発・運営管理
(5)資本金 1億円
(6)設立年月日 平成11年11月24日

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy