• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

レカム中国子会社、マスターピース・グループの中国孫会社でBPO事業のMP大連社を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

レカム【3323】は、中国子会社のレカム大連社がマスターピース・グループ(以下、「MPG」)の孫会社である大連傑作商務諮詢(以下、「MP大連社」)の持分100%を取得し、連結子会社とすると発表した。

レカムグループは、中小企業の顧客に対して情報通信機器の販売、設置工事、保守、インターネットサービスの販売を行う情報通信事業、LED照明などの環境関連商材の販売や電力の小売りを行う環境関連事業、BPO事業、海外法人事業を行っている。

レカム大連社は、平成17年に設立以降、バックオフィス系業務を中心にBPO事業を営んでおり、現在ではレカムグループにおけるBPO事業の中核会社であり、中国国内の海外法人事業も展開しております。

MPGは、MP大連社を平成14年に大連市政府の協力を得て日系企業初のオフショアコールセンターとして設立して以降、現在は、中国国内向けのコールセンターサービスで最大手の一角を占めるほか、ASEAN諸国、コロンビアなどで世界の主要言語をカバーする多言語対応コールセンターの展開や、中国で日本語・中国語のオフショアデータ入力業務、ネット監視サービス業務、人事・経理業務のBPOサービスなどを運営している。

レカムは、BPO業務の拡大を図ることができ、企業価値の向上に繋がるものと考え。

異動する子会社の概要
①名称 大連傑作商務諮詢有限公司
②所在地 中華人民共和国遼寧省大連市甘井子区張前路76号
③代表者の役職・氏名 董事長 中島 樹里
④事業内容 BPO事業
⑤資本金 468万元
⑥設立年月日 平成14年2月2月

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy