• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

萩原工業、約11億円で合成樹脂製包装資材製造・販売の東洋平成ポリマーを買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

萩原工業【7856】は、合成樹脂製包装資材及び加工品の製造・販売を行う東洋平成ポリマーの株式を取得し、子会社化すると発表した。
取得価額は、約11億3000万円。

萩原工業の主力事業である合成樹脂加工製品事業は、合成樹脂製の糸であるフラットヤーン技術をベースに、織布工程を経たシート類を中心に、生活関連から建設、物流、農業など産業資材まで多様な分野に製品展開をしている。

東洋平成ポリマーは、フラットヤーンをベースにした機能糸や産業資材ラミクロス類とともに、合成樹脂製フィルム製品を手掛けており、文具から食品、医薬まで幅広い分野で包装用途等に使われている。

萩原工業は、合成樹脂加工という共通の技術を磨き上げつつ両者の技術力を一体化することを通して、新たな市場を開拓するとともに、市場のニーズを先取りした用途開発をより一層進め、さらなる成長と企業価値の向上を目指し、今回の買収に至った。

異動する子会社(東洋平成ポリマー)の概要
(1)名称 東洋平成ポリマー株式会社
(2)所在地 高知県高知市萩町二丁目2番25号
(3)代表者の役職 ・氏名 代表取締役社長 島村 秀雄
(4)事業内容 合成樹脂製包装資材及び加工品の製造・販売
(5)資本金 1億円
(6)設立年月日 昭和18年7月7日