• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

東京センチュリー、約697億円で神戸製鋼所子会社の神鋼不動産を買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

東京センチュリー【8439】は、神戸製鋼所【5406】日本土地建物との間で提携関係を構築し、神戸製鋼所の100%子会社である神鋼不動産の発行済株式総数の70%を譲り受け、日本土地建物が発行済株式総数の5%を譲り受けることについて、神戸製鋼所及び日本土地建物との3社間で株式譲渡契約を結んだと発表した。
取得価額は、697億円。

東京センチュリーのスペシャルティ事業分野は、2016年度にスタートした第三次中期経営計画において、「ファイナンス」と「事業」の融合による新たな価値創造をテーマに掲げており、様々なプロダクツの専門性を追求することにより、新たな成長領域の創出に取り組みながら、優良なパートナーとともに、ダイナミックに事業に挑戦している。不動産分野は、航空機、船舶、環境・エネルギーとならぶスペシャルティ事業分野における4つの柱の一つであり、本件譲受けを通じて、神鋼不動産が有する総合不動産会社としての機能・プラットフォームを活用し、東京センチュリー、神戸製鋼所及び日本土地建物の3社の力を融合することにより、開発から保有・管理、出口までの各ライフステージにおける事業機会の拡大や出口戦略の多様化など、シナジー効果の発揮を含めてさらなる発展を目指す。

東京センチュリーは、これまで優良パートナーとの良質な資産の積み上げに注力してきたほか、市況に左右されない安定収益基盤の構築と収益ソースの多様化を企図し、2016年6月には日本土地建物とのアライアンスにおいても、日本土地建物アセットマネジメントに対する出資により、アセットマネジメント・ビジネスへの参入も果たしている。

今後、神鋼不動産に対する成長資金の提供も含め、当社がこれまで培ってきた不動産事業のノウハウやネットワークも活用した様々な事業機会を創出し、リスク管理体制の強化をも図りつつ、神鋼不動産のさらなる成長・企業価値の向上を通じて、当社の不動産事業の事業基盤を拡大・強化することにより、「金融×サービス×事業」を一層推進してまいります。


神鋼不動産株式会社の概要
(1) 名 称 神鋼不動産株式会社
(2) 所在地 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通2丁目2番4号
(3) 代表者の役職 ・氏名 代表取締役社長 花岡正浩
(4) 事業内容 不動産開発・分譲、賃貸、仲介、リフォーム、公的施設の運営管理
(5) 資本金 30億3,735万円
(6) 設立年月日 2005年10月1日

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy