• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

セブン&アイHD、小田急電鉄グループと業務提携

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

セブン&アイ・ホールディングス【3382】(以下、「セブン&アイ」)は、小田急電鉄【9007】及び子会社である小田急商事との間で、小田急商事の運営するスーパーマーケット(SM)事業、駅構内売店事業、コンビニエンスストア(CVS)事業に関する業務提携を結んだと発表した。

小田急電鉄は本年3月の複々線完成を大きな機会と捉え、ターミナル駅周辺再開発や既存事業の強化等、沿線の魅力を高める施策を推進し、日本一暮らしやすい沿線を目指している。

セブン&アイグループは、国内外において6万店以上の店舗を展開する国内コンビニエンスストア事業、海外コンビニエンスストア事業、スーパーストア事業、百貨店事業、金融関連事業、専門店事業等、あらゆる顧客のニーズに応える多様な事業を有しており、顧客サービスの向上、店舗網の拡充、商品開発力・調達力、ブランド力の強化等に日々積極的に取り組んでいる。

小田急電鉄グループにおいては、小田急商事の運営するSM事業(Odakyu OX)において、セブン&アイグループの運営ノウハウを習得し、事業基盤の強化・店舗網の拡大によるドミナントの形成を図るとともに、駅構内売店・CVS事業において、セブン‐イレブンのフランチャイズ店舗への転換を図ることで、流通事業を強化していく。
セブン&アイグループにおいては、セブン‐イレブンの小田急電鉄沿線への出店拡大の推進及び集中的な事業展開によるドミナントの形成と、グループSM事業の強化を目的として相互に事業ノウハウを共有し、更なる事業発展を図る。
これらを目的として、互いに協業を推進していくことが両社グループの企業価値の向上につながると判断し、今回の資本業務提携に至った。

小田急商事の概要
(1)名称 小田急商事株式会社
(2)所在地 東京都世田谷区経堂2丁目1番 33 号
(3)代表者の役職・氏名 取締役社長 藤波 教信
(4)事業内容 スーパーマーケット、小田急線駅構内売店、コンビニエンスストア、各種専門店の経営、外販事業
(5)資本金 3億6千万円
(6)設立年月日 昭和38年8月30日

セブン&アイ・ホールディングスの概要(平成29年2月28日時点)
(1)名称 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
(2)所在地 東京都千代田区二番町8番地8
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 井阪 隆一
(4)事業内容 コンビニエンスストア、総合スーパー、食品スーパー、百貨店、専門店、フードサービス、金融サービス、IT/サービスなど、各事業を中心とした企業グループの企画・管理・運営(純粋持株会社)
(5)資本金 500億円(平成29年2月期)
(6)設立年月日 平成17年9月1日

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy