• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

空調関連機器製造のダイリツを日創プロニティが買収

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

板金加工・組立・塗装を行う日創プロニティ【3440】は、空調関連機器製造のダイリツの全ての株式を取得し子会社化すると発表した。
取得価額は5100万円。

日創プロニティは、平成27年10月13日付け公表の「中期経営計画」のとおり、「M&Aの推進、アライアンスの推進による事業領域の拡大(事業の多角化)」「3年間で上限50億円のM&A及びアライアンスに係る戦略投資枠の設定」を中期経営戦略として設定し、最終年度となる平成30年8月期の連結売上高を70億円、連結営業利益を7億円と掲げ、事業領域の拡大(事業の多角化)に取り組んでいる。
この中期経営戦略に基づき、日創プロニティは吾嬬ゴム工業株式会社の子会社化、日創エンジニアリング株式会社の設立及び綾目精機株式会社の子会社化をそれぞれ実施したため、日創プロニティグループは、日創プロニティ及び連結子会社4社で構成されることとなる。

ダイリツは、昭和36年の創業より一貫して空調関連機器製造に携わっており、自動制御・防火・防煙等の各種空調用ダンパーをメインに、制御機器、制気口、フード等の製品を展開する企業である。
特にダンパー製作においては、一般ビル向けの規格品はもとより、近年は各種プラント・発電所・トンネル等々、多様な用途に対応するオーダーメイドの特殊製品の製造に注力し、高品質な製品が評価され、業績も堅調に推移している。

日創プロニティとダイリツが営業協力を進めることによって、これまで以上に幅広い市場対応が可能となり、事業基盤の強化を図ることができると判断し今回の買収に至った。

異動する子会社(ダイリツ社)の概要
(1)名称 株式会社ダイリツ
(2)所在地 愛知県名古屋市緑区大高町字丸ノ内38番地の1
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 長谷川路代
(4)事業内容 空調関連機器製造業
(5) 資本金 5000万円
(6) 設立年月日 昭和36年5月20日

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy