• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

4

サントリー食品インターナショナル食品傘下企業、インスタントコーヒー事業展開の3社をThe Kraft Heinz Companyに譲渡

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

サントリーホールディングスの中核子会社であるサントリー食品インターナショナル【2587】子会社のSuntory Beverage & Food Asia Pte. Ltd.の子会社である Cerebos Pacific Limited(以下、セレボス)は、同社の子会社で食品及びインスタントコーヒー事業を展開する3社の全株式を米国The Kraft Heinz Companyに譲渡すると発表した。
譲渡価格は、約260億円。

セレボスは、オーストラリア、ニュージーランド及びシンガポールにおける事業の最適化を図るため、当該地域における食品及びインスタントコーヒー事業を展開する子会社の株式をThe Kraft Heinz Companyへ譲渡することで合意した。

なお、セレボスのフレッシュコーヒー事業については、引き続きサントリー食品インターナショナルグループにおいて事業を展開し、成長市場である当該事業の強化を図る。

◆移動する子会社の概要
1、Cerebos (Australia) Limited
事業内容:オーストラリアにおける食品の製造・販売

2、Cerebos Gregg’s Limited
事業内容:ニュージーランドにおける食品及びインスタントコーヒーの製造・販売

3、Asian Home Gourmet (CPL) Pte Ltd
事業内容:シンガポールにおける食品の製造・販売