• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

神明、ベインキャピタルから雪国まいたけ株49%取得

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

米穀卸売事業の神明は、Bain Capital Private Equity, LP(以下、ベインキャピタル)より雪国まいたけの株式を49%間接取得する買収関連契約を締結したと発表した。

神明グループは、基幹事業である米穀卸売事業、パックご飯や炊飯米等の加工米飯事業、国内外での外食事業に加えて、近時では青果物や水産品を含めた「川上から川下までの食のバリューチェーン」構築に向け積極的に展開してる。

一方、雪国まいたけは、かつては希少価値から「幻のキノコ」と呼ばれていたまいたけの量産に初めて成功し、日本の食卓に普及させてきた先駆けとして、30余年にわたってきのこ業界をリードしてきた最大手のプレーヤー。また、2015年にベインキャピタルが雪国まいたけに投資して以来、それまで培った雪国まいたけの高品質なきのこの栽培ノウハウを基盤に、供給の安定と生産性をより高めるための構造改革、さらに品質を高めた新商品「極」の開発、高齢化社会に即したまいたけの高い 機能性・栄養価値の発信などに次々に着手し、企業価値の向上に努めてきている。

神明グループは、ベインキャピタルとの強力なパートナーシップにより、雪国まいたけの外食・中食を通じたまいたけの新たな需要創造、西日本を含めた日本全国での強固なサプライチェーン構築、食文化と合わせた輸出事業の推進といったさらなる成長が実現可能と考えており、今後、共同で一層の成長戦略を策定・実行し、事業の更なる発展を図りつつ、日本の食文化の繁栄と農林水産業振興に貢献していきたいと考えている。

◆株式を取得する会社の概要
(1)名称  株式会社雪国まいたけ
(2)所在地  新潟県南魚沼市余川89番地
(3)代表者の役職・氏名  代表取締役社長 足利厳
(4)事業内容  まいたけ、えりんぎ、ぶなしめじ、カット野菜等の生産販売及 びきのこの加工食品の製造販売
(5)資本金の額  100,000千円
(6)創業年月  1982年2月
(7)連結売上高  約30,000百万円

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy