• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

丸紅(8002)、ウルグアイの洋上LNG受入ターミナル運営事業に参画へ

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

丸紅(株)【8002】は、欧州ガス・電力大手GDF SUEZ(フランス)との間で、同社の子会社であるInternational Power S.A.(ベルギー、以下「IPSA」)を通じてウルグアイにて推進中の洋上LNG受入・貯蔵・再気化サービス事業に参画することに合意し、株主間協定書を締結したことを発表した。丸紅は、IPSAがスペインに設立した投資会社への50%出資を通じ、同社100%子会社のGNLS S.A.(ウルグアイ、以下「GNLS」)に参画する。今回の出資は、ウルグアイのガス需要を満たす為、首都モンテビデオ近郊のラプラタ河上(河岸から2km)に、世界最大級のLNG貯蔵能力を持つ浮体式貯蔵・再気化設備(FSRU(※))を接岸したLNG受入ターミナルを新設し、同FSRU操業開始後15年の契約期間に亘りLNGの受入・貯蔵・再気化サービスを提供するもの。ウルグアイ石油公社(ANCAP)、及びウルグアイ電力公社(UTE)が各50%の出資で設立したサービス提供先のGas Sayago S.A.とGNLSの間で、2013年10月1日にターミナル使用契約を締結済み。2015年7月にターミナル操業開始を予定している。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy