• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

ヤナセオートシステムズ、東北エリアのアフターマーケット向けパーツ販売事業を譲り受けへ

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

(株)ヤナセは、本年4月1日付で東北エリア6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)のアフターマーケット向けパーツ販売事業を、グループ会社の(株)ヤナセオートシステムズに移管すると発表した。

今後、同エリアは、ヤナセオートシステムズが宮城県仙台市に新設する「東北エリアセンター」と、現在、北関東・千葉両エリアを担当している既設の「首都圏第二エリアセンター」の2拠点が担当する。

ヤナセオートシステムズは、ヤナセの輸入車部品用品卸売事業を分社化し、2007年に発足。ヤナセグループの部品用品卸売事業とBP事業、タイヤ部門、カーケア部門を所管している。展開する拠点は、エリアセンターが新設の東北を含め全国6ヵ所(東北、首都圏第一・第二、名古屋、関西、九州)、直営BP工場が全国9ヵ所(札幌、仙台、三郷、東京、横浜、小牧、茨木、岡山、福岡)。そのうち部品卸事業は、全国のヤナセネットワークと直営のエリアセンターを通じ、メーカー純正品と優良部品(OEM部品)、オリジナル部品などを提供している。エリアセンターは、アフターマーケット向けパーツ販売ネットワークの充実を目的に順次、開設。

今後は、輸入車部品・アクセサリー取り扱いの経験と国内外からの商品調達・情報収集力を活用し、取引先へのサービス提供品質を高め、4担当エリアでの事業拡大を図る。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy