• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

カジュアルブランドのアートヴィレッヂ、民事再生法の適用を申請

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

(株)アートヴィレッヂは、4月22日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は相葉和良弁護士(相葉総合法律事務所)。

アートヴィレッヂは、1975年に設立。製造から小売まで手がけるSPA事業を主力に、メンズ、レディースのヤングカジュアルウエアの小売及び卸を手がけていた。「BODY GLOVE」や「LOST」など、常時10種類程度のブランドを展開。積極的に新規出店を進め、「Beach Sound」などの店舗名で全国に展開し、2009年2月期のピーク時には、年売上高は約99億1700万円を計上していた。

2011年3月に発生した東日本大震災の影響で一部店舗が被災、計画停電の影響などから売り上げが減少したことで資金繰りが悪化。その後、不採算店舗の閉鎖、人員整理、在庫の圧縮など再建を進めていたが、2014年2月期の年売上高は約41億5200万円にまで落ち込み、ここにきて民事再生法による再建を目指すに至った。

帝国データバンク、及び東京商工リサーチによると、負債は2014年2月期末時点で約39億8000万円。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy