• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

「美術手帖」出版の美術出版社、民事再生法の適用を申請

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

(株)美術出版社は、3月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は三山裕三弁護士(三山総合法律事務所)ほか。

明治38年創業の老舗出版社である美術出版社は、100年以上の業歴を誇り、美術・デザイン・建築物など芸術分野に関する雑誌・書籍の出版を手がけていた。月刊誌「美術手帖」を看板雑誌に、年間30~40点の新刊を発刊し、2014年3月期の年売上高は、約12億800万円を計上。

しかしながら、美術出版社は従前から多額の負債を抱えていたことや出版物販売の伸び悩みで売上が減少したことを受け、苦しい資金繰りとなっていた。そのため、民事再生法による再建を目指すに至った。

帝国データバンク及び東京商工リサーチによると、変動している可能性があるが、負債は2014年3月期末時点で約19億6300万円の見通し。