• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

4

インテージ、ニールセンと合弁会社を設立 広告効果測定ソリューション開発を目指す

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

日本の市場調査業界のリーディングカンパニーである(株)インテージと、マーケティングインフォメーションとインサイト提供の分野におけるグローバルリーダーのニールセン(株)は、日本オフィスのニールセン・カンパニー合同会社を通じて、複数のメディアプラットフォームにおける広告効果や視聴動向の測定ソリューションの開発を目指し合弁会社を設立すると発表した。
新会社の社名は、「株式会社インテージ・ニールセンデジタルメトリクス」。

インテージは、広告や広告代理店業界では、クロスプラットフォームでの広告効果に対する知見への関心が高まっているとの位置づけをしており、顧客企業に対して広告投資の決定を助けるメトリクス(測定基準)を提供するなど、広告代理店市場の環境変化に対応している。
一方、ニールセンは消費者の購買行動と視聴行動といった消費者のインサイトソリューションを展開している。

今回、合弁会社のインテージ・ニールセンデジタルメトリクスは、第一弾サービスとして、すでにアメリカなど海外市場で定評のある世界水準の広告効果測定ソリューションのオンライン広告視聴率(以下「OCR」)を日本で展開させる。

OCRとインテージが保有するデータを統合することで、オンライン広告のリーチを性・年齢属性といった基本的な切り口だけでなく、商品ブランド所有状況や商品購買意向、ライフスタイル、地域属性などの豊富な切り口で分析する新サービスや、オンライン広告の購買行動に対するインパクトやブランドスイッチ動向を分析するサービスなどの提供を行うとしている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy