• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

6

武田薬品工業、子会社を医薬品等開発の非臨床試験受託のハムリーに譲渡

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

国内製薬首位の武田薬品工業【4502】と医薬品等開発の非臨床試験の受託を行うハムリーは、武田薬品が保有する武田ラビックスの全株式を、ハムリー社に譲渡すると発表した。

武田ラビックスは、武田薬品の全額出資により、1994年3月に武田薬品の研究所の一角に設立されて以来、武田薬品に対して実験動物の飼育管理、モデル動物の繁殖・供給、そして実験支援を行ってきており、武田ラビックスは、従業員である獣医師、薬剤師、実験動物技術者などの資格を有する専門家集団として質の高いサービスを提供することで、武田薬品の創薬研究をサポートしている。

現在、武田薬品は、「オンコロジー(がん)」「消化器系疾患」「中枢神経系疾患」の3つの重点疾患領域と「ワクチン」へのさらなる特化と、研究開発活動の日本および米国への集約を通じ、研究開発体制の変革を実行している。この変革は、武田薬品工業が長期にわたり持続的な成長を遂げるためにイノベーションを推進し、パートナーシップを拡大して、研究開発の生産性を高めるうえで必要な組織上および財務上のフレキシビリティを獲得するための極めて重要な取り組みである。このような状況下、武田薬品は、武田ラビックスの将来の事業展開を慎重に考慮した結果、武田ラビックスと同様に実験動物業務に関する高い専門性を有し、なおかつ国内で幅広く同業務を展開するハムリー社に武田ラビックスの株式を譲渡することとした。

ハムリー社は、現在、動物飼育管理技術、実験手技および動物実験施設の運用をもとに新薬開発に関わるテクニカルサービスの提供などを行っており、武田ラビックスが有する人材やノウハウとハムリー社が培ってきた専門性およびビジネス経験を融合することで、さらなる技術の向上につながり、顧客の広範なニーズにより一層応えていくことが可能になることから、武田ラビックスの株式を取得し、主力事業の一部として武田ラビックスを迎えることとした。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy