• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

1

三栄コーポレーション、子会社のドイツの家庭用品ブランド販売事業を譲渡

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

家具、調理用品、小型家電等の専門商社である三栄コーポレーション【8119】は、連結子会社であるヴェーエムエフ ジャパン コンシューマーグッズ(以下、WMF JCG)が展開するドイツの家庭用品ブランドWMFおよびSilit製品の販売事業を、グループセブ ジャパンに譲渡すると発表した。
譲渡価格は、非開示。

三栄コーポレーションはWMF Group GmbH(以下、ドイツWMF社)とWMF, Silitブランド製品の日本における総輸入代理店契約を締結後、家庭用品ブランドを扱うことを目的にWMF JCGを設立の上、2012年からWMFブランド、2013年からSilitブランドの取り扱いを開始した。 その後、2016年11月にWMFならびにSilitのブランドホルダーであるドイツWMF社の全株式がGroupe SEB SA(グループセブ)に譲渡され、両ブランドの販売戦略が変更されたことに伴い、WMF JCGとグループセブ ジャパンにおいて、本事業譲渡のスキーム・日程等に関する基本合意書を締結し、その後協議を進めてきた。この結果、本事業譲渡に関する具体的内容(譲渡 資産、譲渡価格等)について両社間で合意に至り、今回の譲渡が決定した。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy