M&Aニュース検索

デンタス、連結子会社の全株式を譲渡 早期黒字化に向けて経営資源を集中

  • 8
  • 2017年1月30日

歯科技工関連事業を手掛けるデンタス【6174】は、連結子会社であるデンタルパートナー・タイトフィット(以下「タイトフィット」)の全株式を譲渡すると発表した。これにより、タイトフィットは、デンタスの連結子会社から除外されることとなる。

デンタスは、平成28年8月に、北海道を拠点に歯科技工業を手掛けるタイトフィットを、北海道における営業および製造の拠点とする事で、デンタスグループのシェア拡大と企業価値向上を目指し、タイトフィットを子会社化した。

デンタスは、今後ますます発展していく3Dスキャナー等を活用したデジタル歯科技工を全国に普及させ、歯科技工産業を新たな産業へと導くため、積極的な買収戦略を進めていた。

しかし、デンタスは平成28年12月、「平成29年3月期中間決算短信〔日本基準〕(連結)」において継続企業の前提に関する注記を追加、安定した収益基盤の確立と財務基盤の強化がグループの喫緊の課題となっていた。

こうした中、早期黒字化に向けて経営資源の集中を図るため、タイトフィット株式の譲渡を実施するもの。