M&Aニュース検索

6191

エボラブルアジア、「かんざしクラウド」事業運営の合弁会社設立

  • 0
  • 2016年11月15日

オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛けるエボラブルアジア【6191】は、ファーストキャメル社アビリティコンサルタント社との合弁会社としてかんざしを設立したと発表した。

これまでファーストキャメル社が、ホテル・旅館向けの一括プラン登録システム「かんざしクラウド」を開発・運営・営業してきた。今回、エボラブルアジアのシステム開発力及び法人向け営業力、ファースト キャメル社のツール運営ノウハウ、ホテル・旅館への販売ルート、アビリティコンサルタント社の企画力を結集して、「かんざしクラウド」事業をより伸長させることを目的とし、エボラブルアジアが筆頭株主となり、ファーストキャメル社、アビリティコンサルタント社との合弁会社として、かんざしを設立したもの。

ファーストキャメル社でサービスを開始した「かんざしクラウド」は、2年余りで1800を超えるホテル・旅館が利用しており、かんざし社は、ファーストキャメル社からこの「かんざしクラウド」事業を譲り受けた。

今後、エボラブルアジアは出資者およびマネジメントとしての立場から、「かんざしクラウド」の拡大成長に貢献していくとしている。