M&Aニュース検索

東急不動産HD、社学生情報センターグループの株式取得 賃貸住宅管理市場での更なる事業拡大へ

  • 0
  • 2016年10月5日

東急不動産・東急コミュニティー・東急リバブルなどを傘下に持つ持株会社の東急不動産ホールディングス(以下「東急不動産HD」)【3289】は、「ナジック」ブランドで学生マンションを全国へ展開する学生情報センターが会社分割により対象事業を移管予定の学生情報センターグループの全株式を、取得すると発表した。

東急不動産HDは、グループ会社である東急住宅リースにて、首都圏、関西圏を中心に主に一般顧客を対象とした賃貸住宅管理事業を展開。賃貸住宅管理事業における市場領域は、現在国内におけるストック更新、活用ニーズの増大を受け、今後も市場活性化が見込まれており、東急不動産グループとしても積極的な管理戸数の規模拡大によるビジネス機会の創出を目指している。

一方学生情報センターは、主要都市圏での学生マンション・学生寮事業をコア事業として展開しており、学校法人との豊富なネットワークを活かし、大学・学生・地域との強固な信頼関係を構築。また、長年の経験及び実績により多数の管理ストックを蓄積している。

今回の株式取得により、東急不動産グループの一員となり、賃貸住宅管理市場での更なる事業拡大を目指すと共に、学生情報センターグループが有する幅広いリレーションを活かし、グループ各社への派生事業獲得や、新たな事業機会の創出を目指すもの。