M&Aニュース検索

5214

日本電気硝子、中国のFPD用板ガラスメーカーと合弁会社設立 中国市場の拡大に対応

  • 2
  • 2016年9月15日

薄型パネル用ガラス大手の日本電気硝子【5214】は、中国の東旭光電科技股份有限公司、及びその100%子会社である福州東旭光電科技有限公司との間で、合弁会社「福州旭福光電科技有限公司」を設立すると発表した。

今回設立される合弁会社は、現在中国福建省で工場建設を進めている中国最大級のFPDメーカーである京東方科技集団(BOE)の福州工場向けに、FPD用板ガラスを加工し、供給することを主たる目的としている。ここでは、全て日本電気硝子グループで生産した原板(適正サイズにカットする前のマザーガラス)を使用し、顧客の要望する仕様・サイズに加工する。

今回の2社との合弁により、投資リスクを分散しつつ、中国市場の拡大に対応するもの。