M&Aニュース検索

バリューゴルフ、ジープを子会社化 さらなる企業価値向上へ

  • 3
  • 2016年8月23日

ゴルフ情報のポータルサイトを運営するバリューゴルフ【3931】は、ジープの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価格は160百万円。

今回の株式取得の目的は、ゴルフ事業の中長期的な成長をより強固なものにしていくことであり、まずは、ジープが運営するWEBショップ「ジーパーズ ゴルフショップ」の約10万人の 会員を、バリューゴルフが提供する「1人予約ランド」等のサービスへ誘導することで、バリューゴルフ既存事業の成長を加速させることができるとしている。

またゴルフ用品の売上高は登録会員数に比例する部分があるため、逆にバリューゴルフのサービスに登録している会員をジープの会員と融合させていくことで、同社の売上利益増に大きく寄与するとしている。

このように、バリューゴルフグループの提供するサービスのラインナップが奥行きを増すことで、登録会員の拡大及び深いリレーションを構築することができるとしており、また、これらが実現された後には、登録会員というアセットを活用して、ゴルフ事業以外の新たな事業を展開することも視野に入れているという。

バリューゴルフは、今回の子会社化により、以上のような事業展開を進め、さらなる企業価値の向上に努める考え。