M&Aニュース検索

りらいあコミュニケーションズ、フィリピンのCRMサービス提供企業2社を子会社化 アジアでのビジネス展開加速へ

  • 3
  • 2016年7月25日

コールセンターの受託運営・設置・人材育成を行うりらいあコミュニケーションズ(以下「りらいあ」)【4708】は、フィリピンのSPi CRM, Inc.(以下「SPI」)及びInfocom Technologies, Inc.(以下「Infocom」)の株式を取得することにより、子会社化すると発表した。なお、取得価額は2社合計で19910百万円(181百万USD)。

りらいあは、コンタクトセンター(コールセンター)やバックオフィスのアウトソーシング・委託・代行、コンサルティング、 マーケティング・営業支援などのサービス・ソリューションを提供。

SPIとInfocomは、フィリピンを本拠にCRMサービスを提供している独立系の大手アウトソーサーである。両社はフィリピンにおいて9つの拠点を運営し、主に米国とフィリピン現地企業向けに高品質なコールセンター並びにバックオフィスサービスを提供している。

りらいあは、アジア拠点の拡充によるグローバル体制の構築をを進めており、本件はその取り組みの一環として行われるもの。これにより、オフショアコールセンター・BPO産業の拡大が続くフィリピンに拠点を獲得することで、グローバルに展開する顧客企業向けに英語・タガログ語のサービスを提供。また、既にサービスを展開しているタイ、ベトナムに続き、フィリピンを加えることで、今後更なる経済成長が期待されるアジア諸国でのビジネス展開を加速する。

今後は、りらいあが取り組んでいるITを活用した自動化サービス等を多国語展開することで、SPI、Infocomを含めたりらいあグループ全体でグローバルに展開する顧客企業への訴求力を高めていく考え。