• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

3

ファーマインド、北海道産直センター買収し、野菜の露地生産事業に本格参入

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

青果・花卉などの卸商のファーマインドは、野菜の露地生産事業に本格参入することを目的に、このたび、全国5拠点で日本最大の露地栽培を行う農業法人を傘下に持つ北海道産直センターの株式を100%取得すると発表した。

北海道産直センターは農業法人への出資を行うほか、生産指導、生産物の一部仕入販売を行っており、傘下の農業法人は、北海道、青森、岡山、宮崎、長崎に位置し、作付面積の合計は、露地生産を行う規模としては日本最大の約800ha。主な生産品目はブロッコリーで、日本の季節に合わせたリレー栽培を行っており、国内生産シェアは時期によっては15%前後に達する。今後、上記5拠点以外にも産地を拡大し、同時に生産品目も拡大していく方針。

昨今の国内青果物の物流状況については、コンビニやドラッグストア、eコマースといった青果物販売チャネルの多様化によって、重量ベースで果物最大であるファーマインドの主力商品のバナナでさえ単品での配送が難しくなってきている。斯様な状況を踏まえ、今後は野菜、果物の混載による統合物流(=統合青果流通)をより一層進めていく必要がある。統合青果流通の実現には、温度管理された物流ネットワーク、所謂コールドチェーンが必要不可欠となるが、ファーマインドは現在、全国14拠点の物流センターでコールドチェーンによる物流機能及び出荷機能を提供しており、入荷から出荷・配送までを定温で行える環境を整備している。従来、バナナを始めとする輸入果実の取扱が大半を占めていたが、先般のオリックスとの業務提携や本取組を含め、国産青果物の取扱も順次強化していき、国産流通にもコールドチェーン機能の活用を拡大し、効率的で包括的な供給体制を構築していく。

野菜をはじめとする園芸作物生産に関しては、屋外の畑で栽培する露地栽培とガラス温室や植物工場で栽培する施設栽培があるが、ファーマインドとしては、施設栽培については他社との業務提携を通じて、露地栽培については本事業に取り組むことにより、国内野菜生産の両翼に参入する。同時に、JAからの調達についても、全国のJAとの関係を強化し、商品群の充実を図っていく方針。これら取組を通じ、青果物に関しては、ほとんどすべての商材に対応できる体制をつくり上げ、統合青果流通を進めることで、量販店をはじめとする顧客、更にその先の消費者の要望に応えていく。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy