• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

老人向け介護施設の運営等のほくおうサービスほか4社、自己破産申請

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

介護施設の運営業者のほくおうサービスと、グループ4社は7月14日、札幌地裁に破産を申請した。申請代理人は神戸俊昭弁護士(弁護士法人神戸・万字・福田法律事務所)。保全管理人には窪田もとむ弁護士(弁護士法人ほくと総合法律事務所札幌オフィス)が選任された。

ほくおうサービスは、2002年3月設立の介護施設の運営業者。
ほくおうグループとして、札幌市を中心に旭川市や江別市などで、グループホームや有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などの介護事業を展開し、介護保険制度の導入などを追い風として拡大。2015年3月期には年収入高約24億7400万円を計上していた。

しかし、近年は同業者の参入により競合が激化したことに加え、介護報酬の引き下げや人手不足による人件費高騰などで業績が悪化。28年3月期の売上高は27億6872万円に対して4億8325万円の赤字となった。またグループ会社も赤字に転落するなど、厳しい経営状態が続き、今回の措置となった。

なお、ほくおうサービスおよび4社の事業は、創生事業団へ譲渡する予定。

同時に破産申請したグループ4社は以下の通り。
・ほくおうホールディングス
・ほくおうケアサービス
・福寿草
・ほっとキッチン

東京商工リサーチ及び帝国データバンクによると負債総額は、約43億3000万円。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy