M&Aニュース検索

東海東京FH、ETERNALを完全子会社化 若年・次世代の顧客層取り込みへ

  • 3
  • 2017年3月13日

東海東京証券を中心とするグループの証券持株会社である東海東京フィナンシャル・ホールディングス(以下「東海東京FH」)【8616】は、保険代理店を全国展開するETERNALの全株式を既存株主からの譲受けにより取得し、同社を完全子会社化すると発表した。

東海東京FHは、現在、経営計画の基本戦略のひとつに「Community & the Middle(戦略的地域・顧客への特化)」を掲げ、独自性ある総合金融グループとして、顧客基盤と収益の拡大を図っている。

一方、ETERNALは、来店型保険ショップ『保険テラス』を運営し、“いつでも気軽に来店できる、行きつけのカフェのような空間”をブランドコンセプトに、関東圏、関西圏を中心に約70ヵ店の店舗網を有している。

東海東京FHは、グループの中長期的な成長を見据え、若年・次世代の顧客層との接点の確保が経営上重要と認識。当該顧客層の来店が多数見込まれるETERNALの完全子会社化はグループの基盤拡大に資すると判断し、今回の株式取得を決定したもの。