M&Aニュース検索

「禅ドーナツ」など和菓子販売の一陽来福、破産開始決定

  • 7
  • 2017年2月27日

一陽来福と関連の2社は、2月15日に東京地裁に破産を申請し、同日破産開始決定を受けた。 破産管財人には宗岡慶太弁護士(日本橋フォーラム綜合法律事務所)が選任された。

一陽来福は、2005年12月、ヨガ教室の運営を目的に設立、その後、2011年から和菓子の販売を主たる事業としてきた。主力商品である「禅ドーナツ」の知名度が全国的にあがり、さらにインターネットでの販売も開始した2011年7月期には、売上高約1億9400万円を計上していた。

その後は、消費者の嗜好が移り変わるなかで売り上げも漸減し、2015年7月期の年売上高は約8800万円まで落ちこんだ。販管費の削減などに努めるも採算性は改善せず、代表の健康上の理由もあり、事業継続が困難として今回の措置となった。

関係会社であるビューティ・アンド・アイズとオーガニックジャパンも同様の措置となっている。

帝国データバンク及び東京商工リサーチによると、負債総額は現在調査中。