M&Aニュース検索

リテールパートナーズ、子会社が共同出資により完全人口光型植物工場事業へ参入

  • 6
  • 2017年1月30日

中国・九州地方で食品スーパーマーケットを展開するリテールパートナーズ【8167】は、連結子会社で山口県を中心に食品スーパーマーケット事業を行う丸久が、山口大学発のシンクタンク&コンサルティング会社であるMOT総合研究所との共同出資により、新会社を設立すると発表した。MOT総合研究所100%出資のMCCプラントへ、丸久より25百万円、MOT総合研究所より15百万円を出資することで資本金50百万円に増資。また、MCCプラントの商号を「RPGプラント」に変更する。

新会社であるRPGプラントでは、IT技術を駆使した最新型の完全人工光型植物工場を導入し、環境汚染、自然災害等に強い安心・安全・安定した野菜の自社グループ内での供給、大学などとの共同研究による健康機能性を高めたプライベートブランド商品による差別化、先端の機能性野菜生産技術を通じた食育等による地域貢献などを行う計画。工場の稼働は、平成30年以降を予定しているという。