M&Aニュース検索

三菱重工、会社分割により航空機用エンジン事業を子会社へ承継 エンジン事業を集約

  • 9
  • 2016年12月16日

総合重機メーカーの三菱重工業(以下「三菱重工」)【7011】は、同社が営む防衛航空機用エンジン事業を、連結子会社である三菱重工航空エンジン(以下「MHIAEL」)に承継させる会社分割について、MHIAELと吸収分割契約を締結すると発表した。三菱重工を分割会社とし、MHIAELを承継会社とする吸収分割となる。

MHIAELは、三菱重工業の民間航空機用エンジン事業をそのまま切り出して、日本政策投資銀行とIHIからの一部出資を受けて平成26年10月に発足。ボーイングやAIRBUS、MRJ用のエンジンの共同開発・量産に参画している。また国内外のエアライン向けのエンジンの整備修理事業にも携わっている。

今回、三菱重工は、航空機用エンジン事業を取り巻くグローバル化の流れに対応し、より一層の規模拡大及び新分野・新技術への取り組み強化を図るため、MHIAELに親和性の高い防衛航空機用及び民間航空機用の両エンジン事業を集約することで、航空機用エンジン事業の弾力的かつ機動的な事業運営並びに迅速な意思決定を行える体制を整えるもの。