M&Aニュース検索

福岡銀行、ファンドを通じてアグリ・コーポレーションへ出資 地域経済の活性化支援

  • 2
  • 2016年12月6日

ふくおかフィナンシャルグループ(以下「FFG」)【8354】傘下の福岡銀行は、日本政策金融公庫及び福岡キャピタルパートナーズと設立した「FFG農業法人成長支援投資事業有限責任組合(FFG農業法人成長支援ファンド)」 が、露地野菜栽培を手掛ける農業法人のアグリ・コーポレーションに対し出資すると発表した。なお、出資金額は30百万円。

アグリ・コーポレーションは、甘藷(さつまいも)を中心とした露地野菜の栽培を行っている。また、自社の甘藷を使用し、自社加工施設にて香料・着色料・保存料無添加の乳幼児向け歯固め食品「おしゃぶー」を製造。

アグリ・コーポレーションは、今回の出資金を活用して生産の拡大および甘藷加工品製造を拡大する。

本件は、アグリ・コーポレーションの取引銀行且つFFG傘下である親和銀行と協業した取り組みであり、今後もFFGのグループ力を活かし、農業法人への出資等により、地方創生の取り組みの一環として農業の成長産業化・地域経済の活性化に貢献したい考え。